建築業向け3D&2Dの建設資材計算アプリ開発

アプリケーション開発

システム/プロジェクト概要

工事現場に必要な足場などの仮設資材の必要量の計算を補助するアプリケーション

お客様の課題/要望​

仮設資材の運搬コストの低減

通常、仮設資材の運搬は不足しないように多めに資材を運ぶことが多いが、余剰が多いと運搬のコストが高くなる。

そのブレを低減するために、必要な資材の量をシミュレーションし、計算を補助するシステムが欲しい。

図面などのペーパレス化

図面の紛失防止や版数管理の煩雑さの低減を図るために、図面のペーパレス化を実現したい。

Tech Funが実施したソリューション

3Dモデルのシミュレーションアプリ開発

現場で寸法情報などを入力することで、3Dモデルで実際の建物のイメージを作成し、必要資材の計算や、設置方法などのシミュレーションを簡易的に行える3Dのアプリケーションを作成した。

タブレット上で図面を作成し、資材計算を補助するアプリケーションの開発

現場調査時にタブレットを用いて直観的に平面図などの図面を作成することができ、そこから資材を計算することができる2Dアプリケーションを作成した。

プロジェクト情報
対応工程 要件定義、基本設計、詳細設計、実装/構築、テスト
チーム規模 最大5名体制
工数 30人月
主要技術要素 Unity,Nuxt.js,Java,GCP,Firebase

アーキテクチャ図

アーキテクチャ図

リリース後の効果/お客様の声

実際に現場で使用され、職人の方々から一定の評価を頂いた。
3Dモデリングのシミュレーションは、新人教育の場でも活用され、評価された。
タブレットを用いた2D図面作成アプリにより、現場のペーパーレスにも貢献した。