ホーム > AWS(Amazon Web Services) > キャパシティアセスメント

AWS(Amazon Web Services)システム開発・運用のコスト削減を実現するITインフラサービスの提供

基準の見直しによりコストの最適化を実現 キャパシティ アセスメント

必要以上のEC2インスタンスを実行していませんか?
弊社では稼働させるアプリケーションの性能・特性を分析し、スケールアウト/スケールインに必要な閾値を判断いたします。
基準の見直しにより、コストの最適化を実現することが可能です。

キャパシティアセスメント例

例えば、バッチ処理専用のEC2インスタンスが稼働しているケース。
バッチ処理に必要な時間を22:00~翌4:00まで(合計6時間)とした場合、AutoScalingを設定することにより、特定の時間帯だけEC2インスタンスを稼働させ、EC2利用料金を削減することが可能となります。

負荷の多いバッチが夜間のみ稼働している場合
負荷の増減に関わらず常時全てのEC2インスタンスが稼働しているためEC2料金が余分にかかっている
特定の時間帯のみ稼働させた場合
AutoScalingを設定し特定の時間帯だけEC2インスタンスを増やして稼働 EC2使用料金を削減!

【AWSの無料お見積り依頼、およびお問い合わせ】
AWSの無料お見積りを承ります。まずは下記フォームより、お客様のニーズについて詳細をお聞かせください。
担当者より折り返しメールにてご連絡させていただきます。

link