オフィス紹介

Tech Funのオフィス

新型コロナ感染症拡大を抑止しつつ、情報セキュリティ強化と柔軟な働き方に対応するため、2021年2月1日(月)に本社を移転しました。
Tech Funは、全社員が働きやすい環境作りをこれからも進めていきます。
Tech Funのオフィスでは、各部屋に名前がついており、全て伝説のロックバンドの名前からとっています。

オフィスの特徴

堅牢なセキュリティとコロナ対策

セキュリティードアロック

顔認証ドアロックには、検温とマスクの着用有無を識別する機能が備わっています。

一人ひとりの入退室記録を自動で記録し、部外者の侵入を防ぐことはもちろん情報漏洩事故を抑止しています。発熱者やマスク非装着者のチェックを行うことで、社員の感染リスクを減らすことができています。

フリーアドレスを超えたフリースペース

開発スペース「Free」

Tech Funの開発スペースである「Free」には、デスクごと移動できる完全フリーアドレス制をとっています。
開発スペースの名前「Free」は、エンジニアが自由に開発できる環境を表現しています。
エンジニアには作業効率化を図るため、モニターディスプレイを2枚と1,800mmの幅の広いデスクを1人に1脚割り当てました。
デスクごと移動ができるので、密にならない場所に移動して各々が作業できるようになっています。

社内カフェ「Oasis」でリラックス

社内カフェ「Oasis」

社内カフェの「Oasis」は、その名の通り社員の憩いの場となっています。
ITエンジニアは、何かとストレスが溜まりやすい職種です。
Tech Funでは社内にセルフカフェを用意し、いつでも誰でも利用できます。

美味しいコーヒーや紅茶を飲み一息つけば、また仕事も捗ります。
大型モニターも設置してあり、業務でも利用が可能です。
ビールサーバーや冷蔵庫内のビールを、業務後に飲んでリフレッシュできます。

換気可能な窓際に陣取った会議室

会議室「Starship」
会議室「Starship」

窓際に、1人あたりのスペースを広くとった開放的な会議室(写真上:「Starship」/写真下:「Cream」)を2つ完備しています。
テレビ会議にも対応できるよう、大型モニターも設置しています。
Starshipは宇宙船をテーマにした会議室で、Creamは椅子とカーペットをクリーム色で統一した会議室になっています。
どちらの会議室も、個人のスペースを広く確保して密にならないようにし、窓を開けて換気が可能な作りです。

会議室「Cream」
会議室「Cream」

営業チーム・バックオフィスチームの執務室

女性の比率が高い部屋なので「Queen」という名前になっています。

オフィス紹介動画

Tech Funの社内の様子と最寄駅のアクセス方法について、動画にまとめました。